まつ毛が伸びる美容液ランキング@本当に効果があるのは?

まつ育ならまつ毛が伸びる美容液!

目元の印象に重要なまつ毛のボリューム、長さ。物足りないと感じつつ、まつエク、つけまなど「人工」の力を借りる方も多いですが、色々とリスクもあり、できれば自まつ毛をなんとかしたい!人も多いですね。

 

そんな方におすすめなのが、最近話題の「まつ育」をすること。そのマツ育に必要なのが、まつ毛美容液になります。

 

まつ毛美容液は、まつ毛の成長を促す成分を配合しています。まつ毛美容液を使うことにより、量、長さのアップ効果を期待でき、まつエクやつけまなども不要になります。

 

当サイトは、まつ毛が伸びる、ボリュームアップを実感した方の多いまつ毛美容液を厳選して紹介しています。どうぞ参考にしてください。まつ毛がスカスカ、短い方やまつエク、つけまを卒業したい方必見です。

 

まつ毛美容液ランキング

リバイブラッシュの特徴

リバイブラッシュは、20〜40代女性から圧倒的な支持を受けるまつ毛美容液になります。育毛剤に使用される本物のまつ育成分「キャピキシル5%」配合。さらに、アルガンオイル・スーパーヒアルロン酸・アナツバメの巣エキス・マイオキシノールなど目元ケアの成分もプラス。納得の満足度、実感力を誇ります。また、60日間全額返金保証もつきます。

価格 4720円
評価 評価5
備考 キャピキシル5%含む有効成分多数配合!

 

目元とまつ毛のご褒美の特徴

目元とまつ毛のご褒美は、まつ育に加え、目元ケアを重視した美容液になります。まつ毛を伸ばすだけじゃなく、目の周りのクマ・シワ、たるみ、むくみなどの予防・改善にアプローチする成分もたっぷり含みます。蛯原英里さんも愛用しており、SNSでも話題のまつ毛美容液です。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 18種類の成分配合!

 

ラピッドラッシュの特徴

ラピッドラッシュは、発売以来世界中で400万本売れたまつ毛美容液になります。目に優しい成分を含みながら、まつ毛の長さ・太さ・カール・密度の4つの効果をもたらします。1日1回夜洗顔後に塗るだけ。まつエク級の美まつ毛が手に入ると評判です。

価格 5940円
評価 評価4
備考 4種類の成分配合!

 

盛りまつ毛と老けまつ毛の違いは?

 

まつ毛は年齢とともに長さもボリュームも減少していきます。
ある調査では20代、40代、50代でのまつ毛の長さは5.2mm、4.9mm、4.5mmとどんどん短くなっていくという結果になりました。さらにボリュームの調査では42pt、41pt、39ptとこちらも減少する結果になりました。
意識調査では30〜40代女性のうち42%が自分のまつ毛を「老けまつ毛」と思っているという結果になりました。「盛りまつ毛」と思っている女性は24%程でした。
そして若い女性も30〜40代の「盛りまつ毛」について”痛々しい””年甲斐がない”などと思っている方が多くいました。
若い女性は「盛りまつ毛」は28歳くらいで卒業すべきと思っていて、自分の母親が「盛りまつ毛」をしていたら80%近くが”一緒にいるのが恥ずかしい”と感じているようです。
また、若い女性が思う「老けまつ毛」については”年齢を感じる”が最も多く”おばさんっぽい”や”貧相”などといった意見がありました。
30〜40代の女性がまつ毛の変化を感じたのは30歳を過ぎてからとの回答が最も多く、平均では36歳という結果になりました。具体的な変化として”抜けやすい””少なくなった””細くなった”などと感じた女性が多かったようです。
年代を問わずまつ毛の違いは印象を変えると感じている女性が95%とまつ毛を重要視している女性が圧倒的に多く、オトナ女子の理想のまつ毛はノーメイクでも長くナチュラルで美しいまつ毛、といった回答が多く見られました。
自然で黒く美しいまつ毛が「オトナのまつ毛」であるといえる調査結果でした。

 

まつ毛を伸ばすには?

 

まつ毛は目の印象を大きく作用します。長くて濃いまつ毛の方が目元が大きく見え華やかな印象になります。
まつ毛を長くて濃く見せるために努力してメイクしている女性も大変多いですね。古くから使われている”つけまつげ”もそのひとつです。ただつけるだけなので、簡単で扱いやすいのも魅力です。かつらと同じで、長さ、ボリュームなどいろいろ選ぶことができます。
最近ではエクステも人気があります。まつ毛1本ずつにつけ毛しをてボリューム感を出します。
また、植毛という方法もありますが、何かの治療目的で行う手術なので美容目的に行うのは現実的ではありませんし、費用もかかります。
エクステやつけまつげは根本的にまつ毛を増やすものではないので、取ってしまえば元のまつ毛に戻ってしまい、出かける時にはまた付けなければなりません。
つけまつげやエクステは強力な接着剤でまつ毛に付けるので、取る時にも同様に強力なリムーバーで取ります。これを毎日繰り返すとまつ毛に負担がかかるのは、容易に想像できますよね。
つけまつげなどに頼らないしっかりしたまつ毛を育てると、メイクによるダメージをなくし、さらに健康なまつ毛になります。
しっかりしたまつ毛にするためには、美容液がお勧めです。
今見えているまつ毛は成長期という時期のまつ毛で、このあと退行期がきて抜け落ち、休止期になると次に備えて休む期間に入ります。
この成長期を伸ばすことで、まつ毛の長さが伸びて量も増える事になります。
発毛効果のある美容液もたくさんありますので、長く、太く、の他に増やす、の効果もプラスされます。
今まで時間をかけていたまつ毛のメイク時間を減らし、まつ毛も健康にできます。エクステや、つけまつげにかけていた費用をを美容液に使ってみてはどうでしょうか。

 

まつ毛の最適な長さとは?

 

まつ毛の役割は目の保護と水分を保つことです。
最新の空気力学の研究によって発表された論文によると”最も適切な長さのまつ毛は水分蒸発量を最大50%抑える事ができる”というものでした。

 

人の他にもまつ毛を持つ動物の長さを測ると22種類の哺乳類は、人間も含めてまつ毛の長さが目の幅の1/3であることがわかりました。パイナップルくらいのアムールハリネズミからキリンのような大きな動物まで測定しました。
そして1/3である理由を調べるためにある実験をしました。
水の入った小さな皿を目に見立てて周りにプラスチックでまつ毛に見立てたものを置き、小型ファンで風を送った時の測定をしました。
この結果は、目の表面に付着する汚染物質の数と水分蒸発の量は1/3の時が一番少ないというものでした。
この結果からまつ毛の長さは目の幅の1/3が最も適切であるという結論になりました。
まつ毛は短くても長くても異物から目を守る効果がありますが、長い方がより空気の流れを変えやすい、という事もわかりました。ですが、1/3より長くてもあまり効果はないということです。
まつ毛は他にも空中にある細かい粉塵をおよそ半分に減らし、細菌などの病原菌が眼球の表面に付かないようにする役割もあります。このようにまつ毛は多くの病気から人々を守り、まつ毛のない人は目の炎症を起こしやすくなると考えられています。
この実験のデータからソーラーパネルなどから埃や異物を付かないようにする事への期待もあります。また、動きの速い動物は空気の流れが違う事への説明が不足しているという指摘もありますが、これからさらに解明されていく事が待たれています。

 

元気なまつ毛を維持するケアの仕方

 

日本人のまつ毛の長さの平均は6.8cmだといわれています。まつ毛は上手にケアをすると伸びることもありますので、印象的な目元にするためにも覚えておきましょう。
まつ毛には髪の毛などと同じように毛周期があります。だいたい3〜4カ月のサイクルで40日間の成長期、成長が止まって抜けるまでの15日間の退行期、そして毛が抜けてから次に生えるまでの休止期が60〜90日間といわれています。成長期を増やすことでまつ毛が長くなるので、成長の妨げになるようなことは避けましょう。
〇目元を強くこすってしまうと抜けてしまいます。クレンジングや洗顔の時には気をつけて下さい。
〇メイクはきちんと落としましょう。汚れがまつ毛の毛穴を塞いでしまうと成長を妨げてしまいます。こすらないように、しっかり落として下さい。
〇ビューラーのゴムは定期的に取り換えましょう。使うたびにきれいに拭いて下さい。切れていたり汚れたままのゴムを使っていると、まつ毛が切れてしまったり弱くなってしまいます。
〇睡眠不足は毛の成長を弱めてしまいます。特に寝始めの3時間はまつ毛が成長しやすい時間なので大事にしてください。

 

次はまつ毛のケアについてです。
〇まぶたを温めたりマッサージして血行を良くしましょう。
〇食事はバランスのとれたものを心がけてください。まつ毛も髪と同様にタンパク質が主成分なので、たんぱく質や老化を遅らせるビタミンEなどを積極的に摂ってください。
〇まつ毛にも保湿は大事なので、美容液を使う事をお勧めします。まつ毛専用の美容液や目元全体のお手入れができるタイプもあります。
まつ毛は繊細なので強くこすったりしても抜けてしまいます。きちんと睡眠をとり、マッサージや美容液などを利用して健康で長いまつ毛にしてあげましょう。

 

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の違いは?

 

まつ毛の美容液は市販されていて誰でも購入する事ができますが、育毛剤は医師の処方箋が必要になります。育毛剤はまつ毛の発毛と増毛を促すために、医療用として開発された医薬品なので処方箋が必要となります。
育毛剤が発毛と増毛を目的としているのに対し、美容液は丈夫で抜けないまつ毛にする効果が高いものが多いです。元々生えているまつ毛を太く伸ばしてくれるので、まつ毛が多くなったように見えます。
最近では美容液の中でも発毛を促進する成分が配合されたものも多くなっています。専門の医師が監修した育毛美容液も発売されていて、日本でも人気の高い”リバイタラッシュ”などもその一つです。
育毛を促進する成分は大きく分けると二つあります。一つ目は毛根の毛母細胞を活発にさせるものでオクタペプチドやオタネニンジンエキスなどといったものが代表的なものです。毛根に作用して発毛を促進します。もう一つは血行促進効果のある海藻エキス、センブリエキスなどです。ハリやコシのある健康なまつ毛にしてくれます。このような成分が配合されている美容液は発毛の効果が期待できます。
まつ毛が細かったりボリュームが少ないとお悩みであれば、発毛効果のある成分の入った美容液がお勧めです。
太さや長さが欲しい人は栄養や美容成分が豊富な美容液がいいでしょう。また、ビューラーやつけまつ毛などを使い過ぎて、まつ毛が抜けやすかったりやせ細ってしまった方も、栄養分が多く入っている美容液がお勧めです。
自分のまつ毛に足りないものに合わせた美容液を選びましょう。

 

まつ毛を綺麗に見せるメイク方法

 

まつ毛ひとつで顔の印象は随分変わります。流行などもありますが無理なメイクは逆に印象を悪くしてしまいます。長すぎたり太すぎたり多すぎたりしても印象はよくありません。
無理をせず、自分のまつ毛を綺麗に伸ばすメイク方法をご説明しますので、是非参考にしてみてください。
まずはキレイなカールをつける事で目もとが美しくなります。ビューラーを使ってカールを作ってください。普通のビューラーでもいいですが、ホットビューラーを使うとより自然になります。ホットビューラーを持っていない人はドライヤーでも代用できます。
次はマスカラです。よくダマになっている人がいますが、丁寧に一本一本塗って下さい。下のまつ毛も忘れずに塗りましょう。それでもダマになったらティッシュや綿棒で軽くふき取ってください。ボリュームが欲しい時は繊維入りの下地などを使ってみてください。
そして専用のコームで形を整えて完成です。
まつ毛は長くて濃くすると目が大きく見えると勘違いしている人も多いのですが、正しくマスカラを使う事が目を綺麗に見せてくれる大事なコツです。塗りすぎたりしないように注意して下さい。
キレイなまつげを保つためにはまつ毛のケアも大事なポイントです。
メイクを落とす時には専用のポイントメイク落としで、刺激を与えないようにするだけでも抜け毛を防げます。専用の美容液などでケアするとしっかりとしたツヤのあるまつ毛になります。
まつげ育毛剤やまつ毛のボリュームを増やすケアプロスト、まつ毛を伸ばすルミガンといったものがあります。
上手に使ってキレイな目元を目指しましょう。